夏の風物詩 花火を楽しもう!!のTOPに戻る

花火大会を楽しむ為の場所選び


花火大会に毎年出かけている方は、観覧の為のコツや場所選びにも慣れているかもしれません…

ここでは花火を楽しく観賞する為の基本的なポイントを少し見て行きましょう。

花火大会を観覧する場所の選び方のポイントですが、
まずは風向きが重要なポイントです。
自分に向かって風の吹いてくる風下は、煙を避ける為や花火の燃えカスを避ける為にNGです。ただし風向きは思い通りにならない要素です。上空の風の状態を知るために、昼間から上げられる「呼び込み花火」を利用する方法があり、この時の煙の流れる方向や速さをよく観察しておき、天気予報などの情報と組み合わせて確保する場所を考えましょう。

花火がどこに並べてあるかという情報も場所決めに必要なポイントです。
打ち上げ場所を知るには、大会本部で聞いたり、プログラムを見て確認する方法があります。
良い席、花火との「間合い」は好みによります。
あまり近すぎると迫力はありますが、首が痛くなるなどの難点もあります。
花火の形がよく分かる場所の目安としては打ち上げ場所から400〜500m離れた所といわれています。
花火大会の場所は明るいうちから探しておくのもスムーズな観覧のポイントです。

観覧場所に「ふさわしくない」場所としては、通路・道路・駐車場・夜店・仮設トイレの付近、強力な仮設照明の付近、放送用スピーカの至近距離、巨大建築用シートの周辺だそうです。
特に少人数の場合は、巨大建築用シートの周辺は避けた方が良いそうです。
たいていは、巨大シートは大人数で宴会などが始まるため静かに花火観賞をしたい場合などには向かない場所なようです。
そして「立入禁止区域」はもちろんふさわしくない場所です。

花火大会の場所取りのコツのようなものを見てきましたが、花火大会観覧には他にも色々とポイントがあるようです。

花火大会もその他のイベントと同じ様にある程度の下調べをしておくのが、当日に十分楽しめるコツのようです。

関連コンテンツ

花火の撮影方法

花火は色と形と音の競演です。これらの要素に、誰と一緒に観るかという事と夜というシュチエーションが加わ・・・

割物花火を観賞するときのポイント

花火大会では通常、その花火大会に協賛されている企業がスポンサーとして付いており、今から上がる花火はA・・・

花火大会選びのコツ

夏が来て、今年はどの花火大会に行こうか…と考えるとき、全ての花火大会に行ければ問題ないのでしょうが、・・・

花火大会を夏休みの思い出に

花火の季節といえる夏には、子供たち待望の夏休みがあり、子供連れで花火見物でも… と考え中のご家族の方・・・