夏の風物詩 花火を楽しもう!!のTOPに戻る

ニューヨークでも花火大会が…


花火はアメリカでも大変楽しまれています。
ニューヨークでは、7月4日独立記念日の花火が有名です。
独立記念日の花火
ルーズベルトアイランドはマンハッタンの東側イーストリバーに浮かぶ島で、マンハッタンからは地下鉄やケーブルカーで移動できます。映画「キングコング」でも有名な場所ですね。

毎年7月4日、ルーズベルトアイランドの南端に設けられた花火特設会場が6時にオープンします。自由席なので良い席を確保する為には、できるだけ早く会場に行かなければなりません。5時半までには駅やトラム(ケーブルカー)に着くようにするのがベストだそうです。

駅やトラムからは、花火特設会場まで無料のシャトルバスが出ており、入り口に着くとチケットをピックアップして会場に入ります。良い席は、できる限り南端だそうです。

花火は、午後9時から始まりますが、それまで会場の屋台でホットドックを食べたり、ジャズの生演奏などがあり花火が始まるまでの時間も楽しめるようです。
そして午後9時。イーストリバー上に星条旗をかたどった花火などの壮大な花火を30分ほど見ることができるようです。

ルーズベルトアイランドでの鑑賞方法はあまり知られていないそうです。
ニューヨーカー達はどこで花火を見るのでしょうか。

普通はマンハッタンの一番東のFDRという高速道路が一般に開放され、夕方早々から人々がじわじわと集まってきます。かなりな人混みになりますが、長時間外に立っていられる辛抱強い方には、無料ということもあってお勧めの鑑賞場所とも言えそうです。

花火は、日本・海外を問わず人々が楽しみにするイベントであり、混雑や待ち時間も同じ様にあるようです。

今回はニューヨークの花火事情について少し見てきましたが、海外のその他の地域、アジア、ヨーロッパなどでも様々な花火大会などがあるようです。
海外に足を運ぶ際は、その国の花火を楽しんでみるというのも、いい思い出になるのではないでしょうか。

関連コンテンツ

水中で舞う 金魚花火

花火といえば、打ち上げ花火や仕掛花火が思い浮かびますが、水中に放たれ、あたかも美しい金魚が泳ぐがごと・・・

仕掛花火にも色々あります

花火は大きく分けると打ち上げ花火 お祭や花火大会でお馴染みの迫力のある花火仕掛花火 花火大会で、複数・・・

新作打ち上げ花火1998年から2002年

花火の世界にも新作というものがあります。 日本の花火の技術は有名なもので、化学反応を利用した、花火の・・・

花火の色はどうやってつくるの…

マッチに火をつけると、最初はブルーとピンクの光が放たれ、その後黄色というかゴールドというか炎の色にな・・・

花火とは

夏の花火を楽しみに待っていらしゃる方も多いでしょう。花火とは、火薬と金属の粉末を混ぜ、包んだ物に火を・・・

花火には色々なものがあります

夏の人気イベントと言えば花火大会です。大規模な花火が次々と上がる光景は豪華ですが、それらの種類につい・・・