夏の風物詩 花火を楽しもう!!のTOPに戻る

花火とは


夏の花火を楽しみに待っていらしゃる方も多いでしょう。花火とは、火薬と金属の粉末を混ぜ、包んだ物に火をつけ、燃焼、破裂時の音や火花の色などを鑑賞するためのものをいいます。多くの場合は火薬が爆発、燃焼した時に飛び散る火の粉の色や形を楽しみますが、ロケット花火、へび花火、パラシュート花火のように火薬燃焼以外を楽しむものもあるのです。
花火
日本では、夏の風物詩とされている花火ですが、一部の自治体では大規模な花火の打ち上げを花火大会と称していて、大会の時期は7、8月に集中します。旧暦では秋なため、花火は秋の季語でもあるのです。

花火大会の他、イベントなどの開催を告げる為や、祝砲のかわりにもは花火は使用され、演出などのスモークや、パーティーなどのクラッカーも法令上は花火になります。

日本では火薬類取締法により、製造から消費までが規制されています。打ち上げ花火を上げるには、花火師と言われる煙火打揚従事者の資格が必要です。煙火打揚従事者手帳

日本では花火は大きく分けて、取り扱いや打ち上げに免許が必要な、大型打ち上げ花火、玩具店などで販売されて家庭で消費される小型のおもちゃ花火に分けられます。

中では打ち上げ花火は、「玉」とよばれる紙製の球体に「星」とよばれる火薬の玉を詰めて打ち上げる物です。打ち上げの時と同時に導火線に点火されて、所定の高さに到達すると、導火線が燃え尽きて玉が破裂し、星が飛散します。星の飛散には様々なタイプがあるため、見え方も様々異なっています。

一般的に日本や中国などの打ち上げ花火は、打ち上げ時に光が同心円状に広がるものが多く、花火そのものも球形をしていますが、欧米諸国の花火は打ち上げても円状にはならず、花火そのものも円筒形が多いのです。そして複数の花火を利用するなど作為的に仕掛けをした花火の事を仕掛花火と言い、スターマインなどが有名です。(スターマインとは、筒をたくさん並べてその中に1ないし2個の玉を入れ、導火線と速火線を用いて順番に多くの玉を打ち上げる方式。)

大規模な花火以外には家庭でお馴染みのおもちゃ花火がありますが、これも様々な種類がある事はよく知られていますね。大規模な物も、小規模な物も、とても夏らしいのが花火です。

関連コンテンツ

水中で舞う 金魚花火

花火といえば、打ち上げ花火や仕掛花火が思い浮かびますが、水中に放たれ、あたかも美しい金魚が泳ぐがごと・・・

仕掛花火にも色々あります

花火は大きく分けると打ち上げ花火 お祭や花火大会でお馴染みの迫力のある花火仕掛花火 花火大会で、複数・・・

新作打ち上げ花火1998年から2002年

花火の世界にも新作というものがあります。 日本の花火の技術は有名なもので、化学反応を利用した、花火の・・・

花火の色はどうやってつくるの…

マッチに火をつけると、最初はブルーとピンクの光が放たれ、その後黄色というかゴールドというか炎の色にな・・・

花火には色々なものがあります

夏の人気イベントと言えば花火大会です。大規模な花火が次々と上がる光景は豪華ですが、それらの種類につい・・・

ニューヨークでも花火大会が…

花火はアメリカでも大変楽しまれています。 ニューヨークでは、7月4日独立記念日の花火が有名です。ルー・・・