夏の風物詩 花火を楽しもう!!のTOPに戻る

水中で舞う 金魚花火


花火といえば、打ち上げ花火や仕掛花火が思い浮かびますが、水中に放たれ、あたかも美しい金魚が泳ぐがごとく水中を舞う花火があります… これが金魚花火です。

菅生天王宮は徳川家康に信仰され、永禄9年に社殿を再建し、以来、歴代の岡崎城主から崇敬され、社殿の改修などがされてきました。

明治元年、菅生神社と称され、例祭の7月19日の夜に、菅生川に数前の紅提灯をつけた三層のほこ舟を数隻うかべ、舟中から手筒花火を打ち上げ、水中には金魚花火を放ったそうです。

1992年7月19日の例祭には、ほこ舟が9隻出たそうです。天王祭は明治以降、菅生祭と言われるようになります。

菅生祭の花火の特徴は、水の上の花火が遊泳する金魚花火で、これは乾燥した葦の茎を、一方節を残し、15cmくらいで切り、この筒に火薬を詰めるのだそうです。
そして水上に浮くように、節の方に麦わらを2,3cmに切って入れ、綿くずを少し詰めて火薬を入れます。
この花火の筒を10本くらい束ねて紙で巻き、これに火をつけ水に放つのだそうです。

火薬の噴出力で水上を泳ぐようなかたちになり、最後に、紙は切れて、四方に金魚が泳ぐようになります。

現代の花火師の方によると、今では紙管に発砲スチロールを入れて浮きにしているそうです。
当時は黒色火薬を使っていたため、木炭の燃え色でしたが、現在の金魚花火は色火薬を配合して、色々な金魚が水中に放たれます。

文化・文政の頃には、打ち上げ、仕掛け、金魚、手筒などの花火が作られ、菅生川原でしばしば花火が打ち上げられていたようです。

花火の種類というのも様々で、あらかじめ知っておくのも、花火大会を楽しめる一つのポイントとなるでしょう。

関連コンテンツ

仕掛花火にも色々あります

花火は大きく分けると打ち上げ花火 お祭や花火大会でお馴染みの迫力のある花火仕掛花火 花火大会で、複数・・・

新作打ち上げ花火1998年から2002年

花火の世界にも新作というものがあります。 日本の花火の技術は有名なもので、化学反応を利用した、花火の・・・

花火の色はどうやってつくるの…

マッチに火をつけると、最初はブルーとピンクの光が放たれ、その後黄色というかゴールドというか炎の色にな・・・

花火とは

夏の花火を楽しみに待っていらしゃる方も多いでしょう。花火とは、火薬と金属の粉末を混ぜ、包んだ物に火を・・・

花火には色々なものがあります

夏の人気イベントと言えば花火大会です。大規模な花火が次々と上がる光景は豪華ですが、それらの種類につい・・・

ニューヨークでも花火大会が…

花火はアメリカでも大変楽しまれています。 ニューヨークでは、7月4日独立記念日の花火が有名です。ルー・・・