夏の風物詩 花火を楽しもう!!のTOPに戻る

全国新作花火競技大会


全国新作花火競技大会は、長野県諏訪市で毎年9月の第一土曜日に開催されます。

前身は「諏訪よいてこ花火大会」で、JTB主催の観光ツアーの一環として花火を見せるイベントであったのですが、1994年に花火サミットin 諏訪と改名し、現在の競技大会の形式となりました。

競技花火形式での歴史は10年余と浅いのですが、変わった新物花火が見られるとあって人気を博しています。
花火
8月15日の諏訪湖湖上祭花火大会は素晴らしいのですが、混み具合も大変なもので、その影響か、近年はこの新作花火大会も注目を集めているようです。しかし、この新作花火大会も、次第に混雑が顕著になってきており、宿泊代も諏訪湖湖上祭花火大会の時ほどではないのですが、値上げ傾向にあります。部屋の確保も今後難しくなるかもしれません。

新作花火大会も近年は立派なプログラム冊子を作って有料で販売するようになりました。湖畔公園や石彫(せきちょう)公園周辺、臨時販売所などで購入することが可能です。

諏訪湖湖上祭花火大会には有料指定席となる打ち上げ正面あたりの湖畔公園も、新作花火大会では比較的自由に場所が確保できるようです(一部に有料席、特別指定席、招待席あり。石彫公園は2001年度より1000円の個人自由席となっています)。ほかにも民間の桟敷席や有料席などが用意されます。

もちろん自由席内での良い場所は早い者勝ちで、近年はこの新作花火大会も出足が早く、カリン並木周辺や、間欠泉センター近辺の自由観覧場所は午前中にはほぼすき間がなくなってしまいます。

観覧する場合には、大会正面左右の湖畔のどこでもが良い場所なようで、その日の風向きを見て適当にチョイスするとよりよいそうです。もちろん、湖畔の各旅館の部屋や屋上も良い観覧場所です。

風向きによっては湖畔をさらに南側にまわり、ヨットハーバー内やそこに至るまでの湖畔からカリン並木もゆったりとしていて場所がとりやすいということです。

花火はコンクール形式で行われ、出展する花火師がそれぞれテーマを決めた出品作とその花火にふさわしい音楽を流しながらの打ち上げられます。ここの競技は音楽と出品花火作品はセットでひとつのイメージになっているのです。

参加業者は30前後で、新作物の花火大会なのでどんな花火が打ち上がるか予測が難しく、思いがけない花火に出会うことができる大会です。

合間に何度かインターバルとしてのスターマインが織り混ぜられ、ラストには諏訪湖名物の水上スターマイン「Kiss of Fire」が花を添えます。

1998年度からは女性の花火師によるエキシビジョンマッチというプログラムが加わりました。

車での観覧の場合は、ヨットハーバーや諏訪市文化センター、間欠泉センターなど指定の駐車場(有料、無料あり)か、民間の臨時駐車場が有効ではないでしょうか。有料の場合の料金は概ね2000円程度です。路上駐車は近年厳しく取り締まりされているようです。

湖畔近くの駐車場も利用できますが、早い者勝ちで早朝までに入れないとすぐに満車になります。
また花火大会前後、花火終了後まで湖畔の駐車場は閉鎖されるので、終了後もすぐには車を出せません。それ以外の所定の駐車場からの終了後の脱出には、ある程度の渋滞は避けられませんが、諏訪湖湖上祭花火大会ほどではないそうです。

関連コンテンツ

全国花火競技大会

花火の街と称される大曲が誇るのが全国花火競技大会です。この花火大会は全国の花火師たちが目標としている・・・

長岡の大花火大会

新潟の三大花火の一つに数えられている長岡の大花火大会を紹介していきます。 新潟三大花火は、川の長岡・・・

柏崎花火大会

新潟の三大花火の一つに数えられている柏崎花火大会を紹介していきます。 新潟三大花火は、川の長岡・山・・・

諏訪湖湖上祭花火大会

諏訪湖湖上祭花火大会は、名実ともに長野県下最大の花火大会で、参加花火業者も10業者とあり、見応えのあ・・・